SSブログ

2018年12月23日説教

説教タイトル:救い主の誕生
聖書箇所:ルカによる福音書2:1 - 21

論壇 キリストへの信頼
 本日はクリスマス記念礼拝です。また、礼拝の中で信仰告白式を行います。
 信仰者の子どもは、生まれてしばらくすると幼児洗礼をうけて未陪餐会員(聖餐にあずかれない教会員)となります。分別年齢に達して自分の意志でキリストを救い主と受入れるとき、その信仰を神と教会の前で公に表明し、陪餐会員となります。いわば一人前のキリスト者になるということであり、聖餐にあずかることができるようになります。
 信仰とは、イエス・キリストにおいてご自分をあらわしておられる神を知り、神として受け入れ、信頼することです。
 また、キリストは、神が人となったお方ですから、神を知り、受け入れ、信頼するとは、キリストを神とし、心から信頼することであるといえます。
 マリアは、約束の救い主を自分が生むことを、天使ガブリエルを通して告げられたとき、「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように」と語り、全面的に神を信頼して自分自身を差し出しました。夫のヨセフも、マリアの身に起こったことを受け入れ、その責任を果たしました。
 羊飼いは、「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである」と告げられると、「『さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか』と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた」。天使を通して告げられたことを疑わず受入れ、すぐさま会いに行くところに、羊飼いの信仰があらわれています。
 神への信仰は、置かれた立場と状況により違った形であらわれるのですが、疑うことなく信頼する点で一致しています。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。